セカンド画像

 目 的 

伝統建築工匠の技の保存・活用及び発展のための活動を行い、日本の建築物の技術・技能の向上を図るとともにその社会的な理解を増進し、技術者・技能者の誇りを高め、社会的地位の向上を図り、我が国の文化の進展に寄与する。

その活動の一環として、伝統建築工匠の技のユネスコ無形文化遺産登録を推進・実現する活動を行い、伝統建築工匠の技を国内外に発信する。

参考 伝統建築工匠の技を構成する国の選定保存技術(17分野)及び保存団体(14団体)
選定保存技術 保存団体 所属事業所会員
1 建造物修理 (公財)文化財建造物保存技術協会
  
——
2 建造物木工
(一社)日本伝統建築技術保存会 一覧
3 檜皮葺ひわだぶき杮葺こけらぶき (公社)全国社寺等屋根工事技術保存会 一覧
4 茅葺かやぶき
5 檜皮採取
6 屋根板製作
7 茅採取 (一社)日本茅葺き文化協会 ——
8 建造物装飾 (一社)社寺建造物美術保存技術協会 一覧
9 建造物彩色さいしき (公財)日光社寺文化財保存会 ——
10 建造物漆塗
11 屋根瓦葺(本瓦葺) (一社)日本伝統瓦技術保存会 一覧
12 左官(日本壁) 全国文化財壁技術保存会 一覧
13 建具製作 (一財)全国伝統建具技術保存会 ——
14 畳製作 文化財畳保存会 一覧
15 装潢そうこう修理技術 (一社)国宝修理装潢師連盟 一覧
16 日本産漆生産・精製 日本文化財漆協会 ——
日本うるし掻き技術保存会 ——
17 縁付金箔えんつけきんぱく製造 金沢金箔伝統技術保存会 一覧

▲ Top